トップページに戻る      → クリミナル
Anarch(ルール無用)
Noise: Hacker Extraordinaire(異音:驚異的ハッカー)
ID ジー-モッド デッキ下限 45 影響値上限 15

 ランナーがウィルスのプログラムをインストールした時
 コーポはR&Dの一番上のカードをトラッシュする。

 このゲームの主人公とも言える天才ハッカー、ノイズ。

 警察が色々と難事件を探ると必ず「ノイズ」という単語にぶち当たる。
 そして日に日に羽振りが良くなる彼を見て、警察は取り調べるのですが
 何一つ証拠が出ないため彼を逮捕できないという設定。

 このゲーム内での能力もまさに驚異的。
 通常トラッシュ出来ないカードを捨てまくります。
 基本的にコーポはノイズの攻撃を止める手段がありません。
 悪徳企業の中央マシンから重要機密がボロボロと失われていきます。

 数々のカードとの相乗効果が良く、ランナーの望むタイミングで発動でき、
 コーポのキーカードを無力化できるめちゃくちゃ強力な能力です。

 これといった弱点もなく、しいてあげるなら
 「アナーキー自体が金銭面やブレイカーの強度で弱い事」と思うくらい。
Deja Vu(既視感)
イベント コスト 2 影響値 ●●○○○

 ヒープにあるカードを1枚グリップに追加する。
 もしくは
 ヒープにあるウィルスのカードを2枚までグリップに追加する。

 基本的にこのゲーム、ヒープ(捨て札)に落ちたカードは戻りません。

 その分、イベントはたった1度の使い切りのため強力ですし、
 ランナーのプログラム等が落ちるとコーポ側がとても有利になります。

 もし、デッキ内のたった唯一のアイスブレイカーが捨てられた場合、
 その時点で「ゲーム投了」になる事も十分に有り得ます。
 なので、このカードはそういう時の保険にも役に立ちます。
 強力なイベントを放ち、このカードで回収し、再び発動したり出来ます。

 ・・・・・・が、やはりこのカードのメインの使い方は
 「ウィルスなら2枚戻せる」ところでしょう。
 ノイズの能力でウィルスを入れまくり、コーポの山札を落とし、
 このカードでそれらを2枚戻しまた使う…といった流れになります。

 どしどしウィルスを流してコーポの計画を壊滅させてあげしましょう。
Demolition Run(解体走り)
イベント ラン サボタージュ コスト 2 影響値 ●●○○○
 HQかR&Dにランを行います。

 あなたがアクセスしたあらゆるカードを無料でトラッシュしてもよい。
 (通常トラッシュできないカードでもトラッシュできます)
 ランナーがコーポのカードをトラッシュするにはコストが付き物。
 金が無いとせっかく見つけたアセットもアップグレードも捨てられません。
 このカードはそれらを踏み倒せるどころか、トラッシュ出来ないハズの
 アイスやオペレーションのカードすら捨てる事が出来ます。
 アクセスしたアジェンダを今は盗みたくない時に捨てる事すらできます。

 山札や手札を見る枚数が増えるカードと併用すれば1度のランで
 5枚でも10枚でも一気に捨て去る事もできます!これは酷い!

 コーポがトドメに使おうと大事に抱えていたカードを落とせれば
 勝ち確定状況になる事もあるでしょう。
 タイミングを見計らって逆にトドメを刺してあげましょう。

 ※能力発生タイミングは「HQやR&Dにランが成功した時」じゃないので
 ランの最中にアクセスしたカードなら全てトラッシュする事ができます。
Stimhack(覚醒剤ハッキング)
イベント ラン コスト 0 影響値 ●●○○○
 まずランを行います。
 その時に、このランの最中にのみ使える9クレジットを得ます。

 このランが終了した時、
 (使い切らなかった9クレジットの残りの分があるなら場に返して)
 1ブレインダメージを受けます。このダメージは妨害できません。
 かなりのビックリイベント。奇襲性高し。

 コーポはアジェンダを育てる時、ランナーに奪われないよう、なるべく
 ランナーのお金がない時を見計らってアジェンダをインストールします。
 「今、ランナーは3クレジットだからこのサーバーは突破できないな」等と
 計算していけそうなタイミングで遠隔サーバーにアジェンダを置いて
 ターンエンドをするのですが、このカードはその計算をぶち破ります。

 アジェンダがある事がバレているサーバーへランをしたなら
 ほぼ100%アジェンダを盗み出して帰ってくることでしょう。
 このゲームにおいて9クレジットとはそれくらい膨大な価値があるのです。
 それが1クリックで手に入ってしまう・・・いや、今ランを実行している
 事を考えたら0クリックで手に入れている計算になりますね。

 確定で受ける1ブレインダメージのリスクもやむなし、でしょう。
Cyberfeeder(電脳供給者)
ハードウェア チップ コスト 2 影響値 ●○○○○
 1循環クレジットを得ます。

 このクレジットは「アイスブレイカーの能力の使用」及びに
 「ウィルスのプログラムのインストール」に使用できます。
 循環クレジット・・・自分のターンの開始時に回復する繰り返し使えるお金。
 ウィルスの多いアナーキーでは必須のハードウェアです。
 これが序盤に来るか来ないかで勝率が全然変わる程。

 このゲームはお金が本当にとても大切で
 「あと1クレジットあれば勝てたのにー!」という状況もしばしば。
 ただでさえランナーは金欠になりがちなのに、輪をかけて
 アナーキーという派閥は金策が少ないのです。しかしこのカードが
 もし3枚入ったなら! ウィルスのインストールも無料になったも同然!
 ランも半額くらいに抑えられます。しかも毎ターン!
 可能ならなるべく毎ターンこの循環クレジットを使うようにしたいですね。

 仮に1ターン目にこれを3つインストールできたとして、
 毎ターン使い倒したとしたら、10ターンで24クレジット得をします。
 1クレジット得るのに1クリック使うとしたら、24クリック余分に使える事に。
 これはもう入れるしか無いですね!
◆Grimoire(悪魔召喚書)
ハードウェア コンソール コスト 3 影響値 ●●○○○
 メモリ+2

 あなたがウィルスのプログラムをインストールした時、
 その上にウィルスカウンターを1つ置く。
 ウィルスの多いアナーキーでは必須のハードウェアです。
 これが序盤に来るか来ないかで勝率が全然変わる程。

 まず使用可能なメモリが増える! しかも2つも! 太っ腹!

 ランナーはメモリが足りなくなることが多いです。
 バリア、コードゲート、セントリー用のアイスブレイカー3つを揃えたら
 あと1つしかプログラムをインストールできません。 ・・・しかぁし!
 これをインストールすればウィルスもたくさん使えるようになります。

 そしてウィルスカウンターが乗るという能力。こちらも便利です。
 ウィルスは強いのですが、ウィルスカウンターはじわじわ貯まるので
 強化まで時間がかかります。このカードはそれをショートカット出来ます。
 強度1のアイスはパラサイトのプログラムを乗せた瞬間に落ちますし、
 クリプシスもインストールしてすぐにアイス1枚をブレイク出来ます。
 これはもう入れるしか無いですね!
Corroder(腐食する者)
プログラム
アイスブレイカー フラクター
コスト 2 メモリ 1 強度 2 影響値 ●●○○○
 『1クレジットを消費する』
 :バリアのサブルーチンを1つブレイクする。

 『1クレジットを消費する』
 :強度+1。
 恐らくこのゲーム内で最高のバリア用アイスブレイカー。
 いや…バリア用とかに限らず、全アイスブレイカーを比べてみても
 ベストブレイカーなのでは?

 まずインストールコストが安い!!
 2クレジットのアイスブレイカーは破格です!

 そしてそれでいて基本強度が高い!
 自身の強度を上げられるブレイカーなのに元々2もある!

 さらに影響値が低い!
 クリミナルはもちろん、シェイパーすらこれを
 1枚どころか2枚デッキに入れていいレベルです。
 他のフラクター(バリア用アイスブレイカー)が無くても
 これだけあれば本当に充分かと思われます。
Datasucker(情報吸い込み管)
プログラム ウィルス コスト 1 メモリ 1 影響値 ●○○○○
 中央サーバー(HQ・R&D・アーカイブ)へのランに成功した時、
 このカードの上にウィルスカウンターを1つ乗せる。

 『このカードの上にあるウィルスカウンターを1つ消費する』
 :現在、エンカウントしているレゾされているアイスは
 今回のエンカウントが終わるまで強度−1。
 猛烈にコストパフォーマンスの良いプログラム。
 インストールコストが1クレジットでありながらその効果は絶大です。

 アイスの強度を1下げられるという事は、
 アイスブレイカーの強度を1上げられるのとほぼ同義です。
 つまりは中央サーバーにランが成功する度に
 1クレジットを得ているのと大差ありません。
 このデータサッカーを2つインストールしたなら、
 ランの成功のたびに2クレジットを得るような状態に。

 アーカイブには1ターン目にアイスが張られない事も多いので、
 初手でこれをインストールしてアーカイブに3回ラン
 しちゃっても良いくらいです。後々とても役に立ちます。
 影響値も1なので他派閥でも気軽に使い倒しちゃいましょう。
Djinn(魔人)
プログラム デーモン コスト 2 影響値 ●●○○○
 このカードは3メモリ分までの「アイスブレイカー以外」のプログラムを
 上に乗せる(ホストになる)事が出来ます。
 この上に乗っているプログラムのメモリコストは
 ランナーのインストール可能なメモリ数上限にカウントされません。

 『1クリックと1クレジットを消費する』
 :ランナーのスタック(山札)からウィルスのプログラムを1つ探して
 相手に公開した後、グリップ(手札)に加える。
 その後、スタックをシャッフルする。
 ランプの精が3つの願いを叶えてくれます。アイスブレイカー以外のみ
 限定とはいえ、メモリが足りなくなる事が多いこのゲームでは非常に
 助かる能力です。さらにこのジンの上に再びジンを乗せる事もできます。
 その場合、1メモリしか使用せずに、5メモリ分のプログラムを使えます。
 ただ、注意点が2つ。
 一番下の親元のジンがトラッシュされた場合、上に乗っている物は全て
 問答無用でトラッシュされます。これは妨害できません。
 それからジンをインストールする前にすでに場に出ているプログラムを
 ジンをインストールした瞬間に上に置きなおしちゃう事は出来ません。
 まず先にジンをインストし、以降のアクションでその上にインストします。
 何げにウィルスを山札から探してこれる能力も有りますので
 是非とも序盤に引きたいカードですね。
Medium(媒体)
プログラム ウィルス コスト 3 影響値 ●●●○○
 R&Dへのランが成功した時、このカードの上に
 ウィルスカウンターを1つ乗せる。

 あなたがR&Dのカードにアクセスする際、この上に乗っている
 1つを超えるウィルスカウンター1個につき1枚追加で
 R&Dのカードにアクセスしてもよい。
 このカードでゲームの決着がつく事が非常に多いです。
 コーポの山札をあさるウィルス。企業が行う予定の悪事がハッキングで
 町中の人に暴露されてしまいます。そうなりゃこの会社は終わりですね。

 HQ(コーポの手札)からアジェンダを盗む場合は、いわゆるババ抜きで
 5分の1の確率に勝たないといけません。が、R&Dは常に固定。
 上から見ていけばいつか必ずアジェンダに辿り着くのです。

 ランに成功するたびにカウンターが乗るので、仮にこのメディウムを3つ
 インストして4回ランすると山札の上から10枚のカードにアクセス可能。
 この場合、3回目のランがデモリッションランなら17枚見られます。
 途中、トラッシュ出来るカードにも出会う事でしょうから実際はもっと
 多くのカードを見られるはずです。そりゃぁアジェンダ7点盗めますわな。
 その分、罠を踏む可能性も増えますが、実はアクセス枚数を指定でき、
 「今、カウンターが20個乗ってるけど、上から2枚だけアクセスします」
 と宣言できます。強力なトドメカードなのでデッキに1枚は欲しいですね
Mimic(物まね師)
プログラム
アイスブレイカー キラー
コスト 3 メモリ 1 強度 3 影響値 ●○○○○
 『1クレジットを消費する』
 :セントリーのサブルーチンを1つブレイクする。
 これもコストパフォーマンスがいいアイスブレイカー。
 インストールコストも軽め。基本強度の3という数値も
 大抵のセントリーのアイスの強度より高いので難なくブレイクできます。

 ・・・が、強烈な弱点があるので少し使いづらいのも事実。

 その弱点とは・・・「自身の強度を自分で上げられない事」。
 強度4のセントリーのアイスにエンカウントしてしまったが最後、
 そのサブルーチンの直撃はまぬがれません。

 しかしこの事態を回避するためにアナーキーにはアイスの強度を下げる
 パラサイト、データサッカー、アイスカーバー、ウィルム等があります。
 シェイパーの派閥にはブレイカー自身の強度を上げるカードもあります。
 ここら辺と組み合わせれば強度の高いアイスもミミックで突破できます。
 一応保険でAIクリプシスがいれば高強度のアイスに出会っても安心です。
 うまく使いこなし、より安い金額でランを成功させるようにしましょう。
Parasite(寄生虫)
プログラム ウィルス コスト 2 メモリ 1 影響値 ●●○○○
 このカードはレゾされているアイスの上にのみインストール出来る。

 パラサイトが乗っているアイスは、パラサイトの上に乗っている
 ウィルスカウンター1つにつき、強度−1される。
 アイスの強度が0の時、そのアイスはトラッシュされる。

 ランナーのターンの開始時、この上にウィルスカウンターを1つ乗せる。  
 電子空間のセキュリティをイモムシさんがもぐもぐ食べてくれます。

 このゲーム内で唯一と言っていい、狙ったアイスを落とせるプログラム。
 拡張が何個出ても、これがアイスに与えるダメージは最強クラスでしょう。

 レゾされていないアイスにはインストール出来ないので、序盤は
 「一度アイスにエンカウントしに行く」と言う作業が必要ですが、
 開きさえすればパラサイトを乗せてしまえば数ターン後には
 アイスは食べ尽くされてしまいます。1枚のアイスに
 2つのパラサイトを乗せる事も出来ますので、強力なアイスを
 あっという間に溶かす事も可能。ただメモリ残量に注意。

 待ちきれないならデータサッカーに乗せたウィルスカウンターを使って
 ただちにアイスを消滅させに行きましょう。
 コーポ側にとって最も嫌な類のプログラムの1つですね。
Wyrm(竜)
プログラム
アイスブレイカー AI
コスト 1 メモリ 1 強度 1 影響値 ●●○○○
 『3クレジットを消費する』
 :強度が0のアイスのサブルーチンを1つブレイクする。

 『1クレジットを消費する』
 :アイスの強度−1。

 『1クレジットを消費する』
 :強度+1。
 AIのアイスブレイカー。自分自身で考えてアイスと戦うので
 バリアも、コードゲートも、セントリーも、これだけでブレイク可。

 「・・・じゃぁこのブレイカーだけインストールすればいいんじゃん!」
 とお思いでしょうが、AIブレイカーは各属性専門のブレイカー達に比べ
 金がかかったり、時間がかかったり、強度が微妙だったりと不便です。

 こいつは強度0のアイスだけ壊せて、1ブレイク3クレジットと超高価。
 使いづらいブレイカーなのですが、こいつの真価はブレイクする事でなく、
 アイスの強度を下げられる事です。ミミックでブレイクできない強度4の
 アイスをこいつで強度を3に下げ、ミミックにブレイクさせる事も出来ますし
 パラサイトを乗せたアイスを即座にトラッシュさせる事も出来ます。

 ただアイスの強度を下げる時は、ワーム自身の強度をその対象の
 アイスの強度以上にしなければそのアイスに干渉出来ないので注意。
Yog.0(ヨグ.0)
プログラム
アイスブレイカー デコーダー
コスト 5 メモリ 1 強度 3 影響値 ●○○○○
 『0クレジットを消費する』
 :コードゲートのサブルーチンを1つブレイクする。
 無料ブレイク!!!

 アイスにサブルーチンが10個あろうが無料で突破ですよ無料!

 ヨグがインストールされたのなら強度が3以下のコードゲートのアイスは
 張るだけ無駄、レゾするのも無意味。コーポにとってランを止める
 要のアイス達の3分の1が無力化されるようなものです。

 インストールコストは5と高めですし、もちろん強度4以上のアイスの
 サブルーチンはブレイクする事ができないのですが、
 幸いほとんどのコーポのコードゲートのアイスの強度は3以下ですし、
 データサッカーなどを使えば強度4以上のアイスもブレイクできます。

 さらに影響値が1しかありません!

 これはデッキ構築の際に、アナーキー以外の派閥にも入れて
 損は無いコードゲート用のアイスブレイカーと言えましょう。
◆Ice Carver(氷彫刻者)
リソース ヴァーチャル コスト 3 影響値 ●●●○○
 全てのアイスに強度が−1された状態でエンカウントする。
 強力なリソース。
 序盤にインストール出来たら、インストール出来なかった時と比べて
 ゲーム中、いったい何クレジット得をするんだろうか?
 アイスが3枚張ってあるサーバーに3回ランが成功した場合
 9クレジット浮くようなものですからね。
 コアセットには1枚しか入っていませんが、なんとか引きたい所です。

 一応、エンカウントするまでアイスの強度は下がっていない所に注意。
 パラサイトを強度1のアイスに乗せた瞬間、それが落ちたりはしません。

 ちなみにカード名の最初に◆マークがあるものは、場に1枚しか
 インストールできない「ユニークカード」と言うもので、仮に2枚目を
 インストールしようとした場合、その時に1枚目はトラッシュされます。

 もしこのカードがユニークカードで無かったなら、3枚インストールすると
 全てのアイスの強度が−3。 ・・・コーポはやってられませんね。

 コーポがアイスを作る時、ネットに詳しいハッカーを呼んでそいつ達に
 電脳世界に強力なアイスを作らせたのですが、それが仇となって逆に
 ハッカー側にアイスの弱点が漏れてしまった、と言う設定らしいです。
◆Wyldside(無法側)
リソース ロケーション シーディー コスト 3 影響値 ●●●○○
 ランナーのターン開始時にカードを2枚引く。
 そして1クリックを失う。
 猛烈に手が進むリソース。

 1クリックで2ドローするという事は単純計算で
 毎ターン5アクションしているので得をするに決まってます。
 最初のターンにインストールして、ゲームが15ターン続いたなら
 いつもより14クリック余分に動いている事になる訳です。

 手札=体力のこのゲームで、ターン開始時に手札が7枚になる事も
 結構なメリットになる事にも注目。

 弱点はもちろん他のアクションが3回しか出来なくなる事で
 1度ワイルドサイドをインストールしたら、ゲーム終了まで
 毎ターン、ドロー以外の行動は3アクションしか取れなくなります。
 ランなどはやりにくくなるのですが、そこはプレイングでカバーです!
 いざとなったら、シェイパーに1度インストールしたリソースをトラッシュ
 出来るカードがあるのでセットで使いましょう。

 ちなみにワイルドサイドはこのゲームの舞台の月面にあるナイトクラブ。
 ランナーはそこで朝まで裏社会の仲間達と飲んで情報交換し、手の内は
 増えたんですが昼過ぎまで寝ている、って設定のカードと思われます。
 


トップページに戻る      → クリミナル