Double Time(倍速)
Singularity(特異点)
イベント ダブル ラン コスト 4 影響値 ●●●〇〇
 このカードをプレイする時
 追加の1クリックを消費する。

 遠隔サーバーにランを行う。

 遠隔サーバーへのランに成功した時、サーバーの
 カードにアクセスする代わりに、そのサーバー内の
 全カードをトラッシュする。(通常トラッシュできないカードも)
 クレジットもクリックも消費してしまいますが
 大金とアッシュやレッドヘリング、ストロングボックスで守られたNAPDアジェンダも
 北斎グリッドで守られたスネアやフェイタルAIのサーバーも一掃出来ます。
 (北斎グリッドが発動する前にトラッシュ出来ます。)
 
 だいたい全トラッシュコストが6以上になるアセットやアップグレードがある
 サーバーへはこれを使った方が得する、という計算になりますでしょうか。
 使いどころは難しいですが、決めたら気持ちいいイベントですね。

 カードはレゾされているカードは表向きに
 レゾされていないカードは裏向きにしてトラッシュします。
Queen's Gambit(女王の策略)
イベント ダブル コスト 0 影響値 ●●●〇〇
 このカードをプレイする時
 追加の1クリックを消費する。

 遠隔サーバーのレゾされていないカード1つの上に
 3個までのアドバンストークンを置く。
 置いたトークン1個につき2クレジットを得る。

 このターン、そのカードにはアクセスできない。
 2クリックで6クレジット得られるイベント。
 博打で撃ってそれがウィトルウィルス計画やプロジェクトビールだった日にゃぁ・・・。
 一応、先にインフィルトレーションを使えばリスクはゼロです。
 ただ相手が光のトリックを持っていたらご愁傷様。

 伏せてあるアップグレードの方に乗せて6金得てからそのサーバーへラン。
 一緒に置いてあるアジェンダの方だけ盗んで帰る、とかは出来ます。
 上のシングラリティでトークンごと一掃する事も可能でしょう。

 ちなみにクイーンズガンビットとはチェスの序盤の手の1つで、
 駒をあえて相手に取らせる事によりその後の展開を有利にする、と言う戦略です。
 (前にある歩をわざと取らせて、後ろの飛車で敵陣の奥地に攻め込む、のような。)
Dyson Fractal Generator(ダイソン社製フラクタル発生機)
ハードウェア チップ ステルス コスト 1  影響値 ●●●〇〇
 1循環クレジットを得る。

 このクレジットはフラクター
 (バリア用アイスブレイカー)の使用に使える。
 コーポにプレッシャーを与えるためにランナーはランを
 しまくりたい所ですが、やはりお金が足りなくなってしまう。
 循環お金はその弱点を補ってくれるのでとても便利です。

 さらにバリアのアイスブレイカーはゲーム中の使用頻度は
 最多レベルですから使い勝手が悪い訳がありません。

 ただ影響値が高めなのでアナーキー以外では使いづらいです。
 アナーキーでサイバーフィーダー×3&スパイナルモデムを積んで
 毎ターン8クレジット浮くランをしまくってみましょう。
Silencer(消音機)
ハードウェア チップ ステルス コスト 1  影響値 ●●●〇〇
 1循環クレジットを得る。

 このクレジットはキラー
 (セントリー用アイスブレイカー)の使用に使える。
 続いてこちらはセントリー用の循環クレジット。

 クリミナルはそこまでお金に困る事も無さそうですが、余裕があれば
 ファムファタル用や、パワーシャットダウン対策に入れておきましょう。

 ステルス扱いなので、ダガーに使えます。
Savoir-faire(ノウハウ)
プログラム コスト 0  メモリ 1 影響値 ●●●〇〇
 『2クレジット』:手札にあるプログラムを1つインストールする。
          インストールコストは支払う。

 この能力は1ターンに1回しか使えない。
 クリミナル版セルフモディファイングコード(SMC)。
 SMCと比べての長所は、メモリが1な事と何度も使える事。
 短所は手札の中からしか選べない事。

 クリックを使わずにプログラムをインストールできるので
 ラン中にアイスがレゾされたのを見てから
 手札からそのアイス用のアイスブレイカーをインストールしたり、
 ランの成功直前にウィルスをインストールしたり出来ます。

 1ターンに1回しか使えませんが、一応ネットランナーは
 プログラムをインストールする時、リグ上のプログラムを望むだけ
 トラッシュしてよい、というルールがありますので、プログラムを入れる時に
 これをトラッシュ → クローンチップで呼び戻す とやれば
 連続で能力を使う事も可能です。
Fall Guy(身代わり)
リソース コネクション コスト 0 影響値 ●〇〇〇〇
 『このカードをトラッシュする』
 :リソースがトラッシュされる事を妨害する。

 『このカードをトラッシュする』
 :2クレジットを得る。
 これをあらかじめ積んでおけばエリザベス・ミルズやタグ状態で
 金持ちカティや働きすぎのパーソナルワークショップ、
 ジョシュアB、イソップ等を捨てられにくくなります。

 それよりも何よりも注目すべきは、いつでも2クレジット得られる所でしょうか。

 ラン中にお金を得る方法はクローンチップ→シェヘラザードか、これぐらいでしょう。
 ナシルという新キャラが、ポップアップウィンドウ等を突破できるようになります。

 後、イソップで払うと5クレジット手に入るんでしょうねこれは。
Power Nap(仮眠)
イベント ダブル コスト 0 影響値 ●●〇〇〇
 このカードをプレイする時
 追加の1クリックを消費する。

 2クレジットを得る。

 さらに、ヒープにあるダブルのイベントカード1枚ごとに
 1クレジットを得る。
 ただ使うだけでは1クリック1クレジットを得るだけですが、
 ヒープに山ほどダブルがあれば大金を一気にゲットできます。
 現在、最大2クリックで31クレジット得られます。

 ・・・・・・が、

 いまだダブルは追加クリックを使う割りには
 そこまで使い勝手の良いカードが無い印象。(追加クリックを使うからこそ、か)
 ホステージくらいでしょうかね。

 この先ダブルが増えたらコストパフォーマンスは上がるでしょうが
 今の所は無理矢理使わない限り恩恵は少ないかもしれません。

ダブルのイベントカード一覧


Paintbrush(絵筆)
プログラム コスト 3 メモリ 2 影響値 ●●●●〇
 『1クリック』
 :レゾされているアイスを1つ選ぶ。
  このターンの次のランが終了するまでそのアイスは
  バリアかコードゲートかセントリーのサブタイプを得る。
 待ってましたと言わんばかりの楽しいプログラム。

 「メモリが2」「開いているアイスにしか使えない」という弱点はありますが
 きちんと運用できれば、これと強いアイスブレイカー1つで
 アイスが3枚以下サーバーは全部楽々突破できるようになります。
 リエルが使うとなお強力です。

 ランでアイスに触りまくったり、ブラックガードやフォージドアクチベーションで
 アイスを開けまくって、是非ともコーポに嫌がらせしましょう。

 キメラが唯一のカウンターになるか?!
Lucky Find(掘り出し物)
イベント ダブル コスト 3 影響値 ●●〇〇〇
 このカードをプレイする時
 追加の1クリックを消費する。

 9クレジットを得る。
 中立カードですが、影響値がかかるため
 どのランナーもおいそれとは使えません。

 その分、効果は高く、一瞬で6クレジット得るのは相手にとって脅威です。
 発動コストもシュアギャンブルより安いです。

 自派閥だけで強いデッキを組めるなら入れておいて損はないかもしれません。
Gyri Labyrinth(回る迷宮)
アイス コードゲート レゾコスト 2  強度 2 影響値 ●●〇〇〇
 →コーポの次のターンが開始されるまで
  ランナーの手札上限に−2
 直接ダメージは与えませんが
 万が一、1ターンで3回踏んだら即死もありえます。

 強度が少ないのでブレイクしやすいのですが、バイオロイドではないので
 何の対策もなしにうっかり踏むと、カード補充ができず、
 次のターンのスコーチドアース1発で死んでしまいます。

 序盤のラン時には充分な注意を。
Reclamation Order(廃品回収指令)
オペレーション ダブル コスト 1 影響値 ●●〇〇〇
 このカードをプレイする時
 追加の1クリックを消費する。

 Reclamation Order以外のカード名を1つ宣言する。
 アーカイブにあるその名前のカードを好きな枚数公開してHQに加える。
 カード効果は要するに2枚持ってこれるアーカイブメモリーズと言った所です。

 ダブルな事と、欲しいカードが3枚ともアーカイブに落ちている状況が
 あまり無い事から使う状況はほとんど限られているでしょう。

 セレブラルイメージングやアクセラレータディグノスティック辺りを使えば
 何か素敵なコンボが出来そうなのですが・・・。

 あ、ドラフト戦なら同じカード何枚でも戻せますね!
Broadcast Square(放送交差点広場)
アセット ファシリティ レゾコスト 2  トラッシュコスト 5 影響値 ●●●〇〇
 コーポが1個以上の悪名を得ようとしている時

 トレース3 − トレースが成功したなら、悪名を受ける事を回避する。
 ルール改正が行われて、ネットランナーではアイスをレゾする前や
 各アクションを行う前にアセットをレゾできるようになりましたので
 お金さえあれば悪名をもらう事はほとんど無いでしょう。
 これで強いアイスもバンバン開けられます。

 トラッシュコストも高めなのでランナーにイベントを使われる前に
 開けておくと良いでしょう。

 プロフィッティアリングを得点した時に使うとクレジットを得られませんので注意。
Corporate Shuffle(重役の入れ替え)
オペレーション ダブル コスト 0 影響値 ●●〇〇〇
 このカードをプレイする時
 追加の1クリックを消費する。

 HQのカードを全てR&Dに混ぜてシャッフルする。

 その後カードを5枚引く。
 マリガン予備軍。

 コーポは初期手札が最悪の時、何も出来ずに負ける時があるので
 このカードを保険に入れておくのはアリかもしれません。

 まあ、使ったからといってその後のカードが良くなるとは限らないのですが・・・。

 主な使用タイミングは前のターンで手札をほぼ使い切った時などに
 手を早めるために使うぐらいでしょうか。
 あとスケジュールアナライザー喰らった時とか。
◆Caprice Nisei(カプリース2世)
アップグレード クローン サイ レゾコスト 2 トラッシュコスト 1 影響値 ●●●●〇
 ランナーがこのサーバーの全てのアイスを通過した時、
 コーポとランナーは秘密裏に
 0クレジットか、1クレジットか、2クレジットを支払う。

 コーポとランナーの支払った額が違った場合、ランの終了。
 さぁ、ほぼ最強とも言えるカードの登場です。
 ランが成功する直前に、ランを止めます。

 インサイドジョブが来ようが、アカウントサイフォンが来ようが、
 アイスを1枚も貼っていないアーカイブにランされようが
 データサッカーにウィルスカウンターが乗る事も
 デスペラードを積んだランナーにクレジットが入る事も無いです。
 RSVPなどと組み合わせるとさらに凶悪です。

 発動タイミングが『ランの成功判定直前のレゾタイミング』ではないので
 ランナーが最後のアイスに接触した時にはレゾしておかないと発動しない所に注意。
 ちなみに彼女はニセイ・マーク2の姉。彼女がヘマをするとジンテキ上司の命令で
 全クローンはマーク3に移行。マーク2は全員始末されるので今日もカプリースは
 妹達の命を守るため、自宅のガーデンからハッカーのランを止めます。
Shinobi(忍)
セントリー トレーサー AP イリシット レゾコスト 7 強度 5 影響値 ●●●〇〇
 シノビをレゾした時
 コーポは悪名を1つ受ける。

 →トレース1 − トレースが成功したなら、1ネットダメージを与える。

 →トレース2 − トレースが成功したなら、2ネットダメージを与える。

 →トレース3 − トレースが成功したなら、3ネットダメージを与えてランの終了。
 強いアイスではありますが
 お金が少なめのジンテキではいまいち使いづらいかもしれません。

 ブレイカーが無くともトレースで勝てば良いだけなので高い強度も意味無し。
 チャム辺りと組ませるなど工夫が必要です。

 それでも最後のサブルーチンさえ壊せばランが継続する
 マックレイカーよりは全然マシだと思いますが。
Marker(目印)
アイス コードゲート レゾコスト 0  強度 3 影響値 ●〇〇〇〇
 →このランの間、次にエンカウントするアイスは
  全てのサブルーチンの後に「→ランの終了」のサブルーチンを得る。
 このアイス1枚では何の意味も無いですけど、
 次のアイスをブレイクしないといけなくなってしまいます。
 直後にトレーサーを置かれると非常にやっかいです。
 アウェイクニングセンターの上のヤヌスにランの終了を置いたりも出来ます。

 ジンテキにはランの終了が無いアイスが多いので少しは役に立つかもしれませんが
 所詮は強度3のコードゲートなので結局ヨグで乙、ですね。
Hive(蜜蜂の巣)
アイス バリア レゾコスト 5 強度 3 影響値 ●●〇〇〇
 コーポの得点エリアにある
 アジェンダポイント1点につきハイヴは「→ランの終了」を1つ失う。

 →ランの終了

 →ランの終了

 →ランの終了

 →ランの終了

 →ランの終了
 ヨグをインストールされたら大半のコードゲートが意味を成さなくなるように
 後半、使い物にならなくなるアイスの類ですが、
 このゲームは初速が大事なので序盤戦で猛威を奮うこのアイスは強力です。
 ファムファタル対策にもなっています。
 デッドカウント13などで使われたら厄介極まりないでしょう。

 6点取っていたら、直前のアイスがマーカーだった場合でも無力化しますね。
Witness Tampering(証人への脅迫)
イベント ダブル グレーオプス コスト 4 影響値 ●〇〇〇〇
 このカードをプレイする時
 追加の1クリックを消費する。

 悪名を2つまで取り除く。
 これは流石に使い道がよく分かりませんね。

 影響値が低いから他の企業でも使いやすいと言う事なのでしょうが、
 正直、悪名を取るなら他にもっと良い方法がたくさんあると思います。

 まあ安全に、すぐに悪名を取れるのは利点ですが・・・。

 今後、悪名を取り除きにくくなっていくのでしょうかね。
NAPD Contract(ニューアンゼルス市警との契約)
アジェンダ セキュリティ アドバンス要件 4 アジェンダポイント 2
 コーポが持つ悪名1つにつき
 このアジェンダのアドバンス要件は1増える。

 ランナーがこのアジェンダをスチールする場合
 追加で4クレジット支払わなければならない。
 得点時の追加効果は無いですが、守備的能力として相当優秀なアジェンダ。
 RSVPやレッドヘリングとの組み合わせはやってられません。

 4/2アジェンダとしては最高の部類なので
 特に狙いが無ければ常に3積みしちゃって良いレベルでしょうか。

 天才ハッカー達も流石に警察との契約を盗むのは骨が折れるといった所ですかね。
Quandary(困惑)
アイス コードゲート レゾコスト 1 強度 0 影響値 〇〇〇〇〇


 →ランの終了


 ペーパーウォール等の軽いアイスのコードゲート版。
 貴重なお金を温存する為、序盤のアイスはこれに任せてよいかもしれません。
 どうせ中立のコードゲートはヨグが来たらおしまいなのですし。
 ただ、パラサイトやクリプシスでも容易に突破できるのは痛い所ですが。


 彼はどうやらエニグマの子供みたいですね。


トップページに戻る